2018年9月24日(月)14時から、3つの筋ジストロフィー研究班が共同で、市民公開講座「いま筋ジストロフィーは 一般臨床から最新の研究成果まで」を開催します。参加費は無料で、事前申込は不要です。定員は先着130名です。


*チラシは画像をクリックするとダウンロードできます。

日時

2018年9月24日(月・振替休日) 14時~16時

会場

千里ライフサイエンスセンター 5階 サイエンスホール
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2

定員

130名(事前申込不要、参加費無料)

内容

  • 標準的医療の重要性
  • 成人に多い筋ジス 筋強直性とは
  • iPS細胞を活用した治療

講師

  • 松村 剛 (国立病院機構 刀根山病院)
  • 髙橋 正紀(大阪大学大学院 医学系研究科)
  • 櫻井 英俊(京都大学iPS細胞研究所)

主催

日本医療研究開発機構 (AMED)難治性疾患実用化研究事業
エビデンス創出を目指した筋強直性ジストロフィー臨床研究班

厚生労働科学研究 難治性疾患政策研究事業
筋ジストロフィーの標準的医療普及のための調査研究班

日本医療研究開発機構 (AMED)再生医療実現拠点ネットワークプログラム
筋疾患に対する治療薬の創出を目指した研究班

後援

日本筋ジストロフィー協会
大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻

お問い合わせ

大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻 機能診断科学講座 臨床神経生理学
DM-touroku[at]neurol.med.osaka-u.ac.jp ※[at]を@に置き換えてください。