2018年11月11日(日)13時から、筋ジストロフィーリハビリテーションセミナー(アドバンスコース)「社会参加支援を考えよう」を開催します。
メールでの事前申込が必要です。参加費無料、定員は申込先着100名です。


*チラシは画像をクリックするとダウンロードできます。

日時

2018年11月11日(日) 13時~16時

会場

大阪国際会議場 12階会議室1202
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5丁目3−51

対象

筋ジストロフィーの臨床に携わっている療法士や社会参加支援に携わっている関係職種の方など
※「筋ジストロフィーリハビリテーションセミナー(ベーシックコース)」を受講していない方でも参加できます。

申込先

ご所属・職種・お名前をお書き添えの上、下記のメール宛にお申し込みください。
office[at]mdcst.jp (担当:亀岡・栗原) ※[at]を@に置き換えてください。

定員

100名(申込先着順・参加費無料)

プログラム

【第一部】

サイバニックインターフェースCyin(サイン)を学ぼう
~開発成功と期待できる機能と現状

国立病院機構新潟病院  作業療法士 早川竜生
国立病院機構新潟病院 病院長・研究開発代表者 中島 孝

【第二部】

就労支援制度の概要と筋ジストロフィー患者における課題

一般社団法人ダイバーシティ就労支援機構 代表理事 岩田克彦

就労支援の立場からワークスキルを考える(テレワークを中心として)

社会福祉法人東京コロニーIT事業本部トーコロ情報処理センター 職能開発室所長 堀込真理子

寝たきり社長 佐藤仙務の挑戦

株式会社仙拓 代表取締役社長 佐藤 仙務

主催

筋ジストロフィーの標準的医療普及のための調査研究班

お問い合わせ

office[at]mdcst.jp (担当:亀岡・栗原) ※[at]を@に置き換えてください。