2019年5月に発行した「筋ジストロフィーの病型診断を進めるための手引き(肢帯型・先天性・筋強直性ジストロフィーを念頭に)」第1版を、医療者向けサイトMD Clinical Station for Doctorsに掲載しました。

筋ジストロフィーは、近年多数の原因遺伝子が同定され、病型分類が細分化されてきました。「筋ジストロフィーである」という診断にとどまらず、「筋ジストロフィーのうち、いずれの病型に該当するか」を的確に診断することは、治療戦略策定の基盤となり、医療の向上に役立ちます。

※なお、この手引きは医療者向けであり、患者さんやご家族など、一般向けの内容ではないことをご了承ください。

掲載ページはこちらです。
https://doctors.mdcst.jp/diagnosis/