MD Clinical Stationとは

  • HOME »
  • MD Clinical Stationとは

さまざまな型の筋ジストロフィーに向けて
正しい療養方法と研究成果を届けます

Muscular Dystrophy Clinical STation (MDCST)は、厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 「筋ジストロフィーの標準的医療普及のための調査研究」班のホームページです。

本研究班は、指定難病「筋ジストロフィー(告示番号113)」について、関連する研究班・学会や専門医療機関・ネットワークと連携し、標準的医療※普及のための調査と研究を行います。

具体的には以下のような活動を行う予定です。

  • 診療ガイドラインの作成支援と評価
  • 診断手順の作成
  • 患者登録の運用と推進
  • 適切な医療体制構築のための情報提供、関連職種教育、調査研究
  • ホームページによる情報提供

このホームページは、患者さん・ご家族や関係者の方に有用と考えられる情報の提供を目的に、順次コンテンツを増やしていく予定です。
本研究班や関連する研究班・学会などが開催する市民公開講座やセミナーなどについても、随時お知らせいたします。
また、関連するサイトとリンクすることで、より詳細な情報にもアクセスできるように計画しています。

筋ジストロフィーの臨床情報に関する、入り口としてご利用いただければ幸いです。

2017年6月30日
筋ジストロフィーの標準的医療普及のための調査研究班 主任研究者
国立病院機構 刀根山病院 臨床研究部長
松村 剛

筋ジストロフィーの標準的医療普及のための調査研究班

※標準医療:科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療をいいます。

  • facebook
  • twitter
PAGETOP